ペット捜索

  • ご自宅から犬や猫が逃げてしまった…。
  • 旅行中・帰省中に犬や猫が逃げてしまった…。
  • いつも帰ってくる時間に猫が帰ってこない…。
  • 犬や猫が迷子になってしまった…。

所在調査は相手が人間だけではありません。

現在、日本のペット数は犬、猫あわせて約2500万頭と言われています。
14歳以下の人間の子どもの数は、約1800万人と言われていますから、ペットの数が大きく上回ったことになりました。

それに伴いペットに対する価値観も変化し、家族の一員としてなくてはならない存在になりました。


しかし、一方では飼主から見捨てられたり、迷子になったペットが年間約70万匹以上も処分されるという悲しい現実もあります。

この中には、迷子になってしまったために家に帰ることが出来ず処分されてしまったペット達がどれだけいる事でしょう。

ペット捜索の注意事項

ペット捜索は、今までの経験上発見率5割程度です。
飼い主様が1週間全力を尽くして見つからない場合は、探偵にも無理な場合が多いからです。

残念ながら100%の発見はお約束できませんが、家族の一員である行方不明のペットの立場に立ち、御依頼者様の心情を理解しつつ誠心誠意、捜索を行なう事をお約束いたします。

捜索は専従担当スタッフ1名が以下の内容で行ないます。

  • ポスター・チラシによる情報収集
  • 情報確認・聞き込み作業
  • 動物の行動習性をもとに失踪状況を分析・捜索方針の組み立て
  • 逃走経路、潜伏場所の追跡・保護

ペットの性格、年齢、種類、体調、天候等により捜索内容を変更することもございます。

詳細は担当スタッフよりご説明いたします。
ご質問等ございましたらどうぞお気軽にご相談ください。


最も効率良く、発見率が高いことにより設定しています。
場合により短期捜索、予算内での捜索もお引き受けいたしますのでご相談ください。

ペット捜索のご相談はこちらからどうぞ

電話でのご相談
メールでのご相談

 

このページの先頭へ