浮気調査で使えるGPSのタイプ

最近では携帯電話のGPS機能が急速的に伸びています。
これは緊急時に居場所を確認したいという、政府の考えからGPSの義務化がきっかけで普及したようです。

同時に、浮気調査も自分でできる時代の幕開けとなっています。

パートナーが浮気をしていると感じていながらも、なかなか調査ができない理由として、仕事やその他にもやることがあるからですね。
その穴を埋めてくれるのがGPSです。

GPSというのは「グローバル・ポジショニング・システム」の略で、ポチっとボタンを押すだけで相手の居場所がわかってしまうという代物です。
通常は車に、そして相手のカバンなどに忍び込ませて「相手がどのように行動しているか?」を把握するために使われます。

GPSには大きく分けて2つの種類があるのはご存知でしょうか?

1つは、リアルタイム型。
これは一般的に普及しているタイプで、ポチっとボタンを押せば、「今の居場所はどこか?」を割り出せます。
ココセコムや携帯電話で使えるタイプがこれにあたります。

もう1つは、位置記録形。
これは一般的にあまり知られていませんが、パソコンにつなげば、「設置していた間の行動記録」が表示されます。
カバンに入れておけば、もしもホテルを利用したときなど、記録がはっきりと出ます。
GPSロガーと言われており、バッテリーの持ちが悪いのがたまにきずですね。

この2つのタイプのGPSを理解し、使い分ける事で自分でできる浮気調査の成功率が飛躍的に高まります。

電話でのご相談
メールでのご相談

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ