GPS発信機の注意事項

GPS付携帯はもはや当たり前となっている現代では、携帯以外にもGPS発信機というものは沢山存在しています。

手のひらサイズのもの、もっと小さいもの。逆に大きいもの。

最近ではとても精度の高いGPS発信機が世の中にあります。
しかし、それを使いこなせる人はあまり少ないような気がします。

GPS発信機を取り付けるために最低限注意しておく事を以下にまとめておきます。

・そのGPS発信機をテストする。
これは常識的な事で、「付けたはいいが何も表示されない」というのを未然に防ぎます。

・どいういった場面で音がなるか知っておく。
ココセコムなんかがそうなんですが、充電が少なくなると警告音が鳴ります。
知らずにトランクルームなんかに入れておくのはやめましょう。

・パソコンの形跡を消す。
携帯でもそうなんですが、パソコン等でGPSで相手の居所をチェックしていると履歴が残ります。
サイトを利用して居所をチェックしたら履歴を消しておきましょう。
ブラウザにもよりますが、インターネットエクスプローラーの場合は「インターネットオプション」で消すことができます。

・怪しい場所が特定できても相手に問いたださない。
これは「目的」にもよりますが、1度や2度、特定の場所が特定されたからといってすぐに問いただすのはナンセンスです。
「相手の弱み」を握ることが重要ですので、すぐにすぐ起こらないで下さい。

・電池交換はまめに
度々検索していると、充電はすぐになくなってしまいます。
GPS付携帯やココセコムの場合では、5回/日くらいだと1週間~2週間位しか持たないので注意しましょう。

最低限これらはGPS発信機を取り扱うための必須条件です。

電話でのご相談
メールでのご相談

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ